龍の夢で高額当選する?宝くじ当選で借金返すには?

宝くじに当って喜ぶ家族 宝くじ等一攫千金

ミニロトで1万円当たった!

多重債務者にとって、「大金を手に入れる」唯一の手段とも言えるのが宝くじ。

「もし高額当選したら、借金をすべて返してたら、あれもこれも買いたい」と夢が膨らみます。

昔から、宝くじは好きでよく買っていたのですが、ローン地獄におちいってからはその余裕すら無く。

それでも、ミニロトなど比較的お金のかからないくじは時々買っていて、「1万円当って大喜び!」という感じでした。

 

宝くじに当って喜ぶ家族

 

だから、宝くじの話題には非常に敏感に反応してしまうんですよね。

どんな人が高額当選してる?

以前、こちらのブログにも、「どんな人が高額当選している?」という特徴を書いたのですが、「長年コツコツと買い続けている60代の会社員」が多いとのこと。

「あー、私なんてまだまだだなー」と思っていたら、「あまり欲のない人」という結果も。

ガツガツして「お金欲しい」と思っている人には、宝くじの女神も微笑まないということですね。

私利私欲と言えば、宝くじ売り場の方々も、「当たりますように」なんて言ってくださるけど、ご自身が当選するわけじゃないから、当たっても面白くないんだろうな」と思っていたのですが・・・

やはり、売るからには高額当選者が出て欲しい、と願うものなんですって。

まあ、個人商店の一部を売り場として提供している場合は、「この売場から一等が出ました!」となれば、お客さんがたくさん来てくれるというメリットはありますよね。

とは言え、自分自身のために願うということで無い分、やはり「欲が無い」のかな?と。

そんな売り場の方の夢に、高額当選のお告げのようなものが登場することもあるとか。

ある方は「大蛇が地面を這っている夢を見たら、ミニロトで3,000万円以上の当選者が出た」ということ。

蛇の夢って、意外と見ることが無いですし、ましてや大蛇の夢なんてそうそう見ないですから、やっぱり「何か良いことが起こる前兆」ということなのでしょうか?

あとは、「白い龍が目の前を横切っている夢を見た」とか。

龍の夢を見ると高額当選する?

他の売り場でも「龍の夢を見たら、翌朝1億円の宝くじがうちの売り場から出ていた」という体験談もあるので、こちらも縁起が良いのでしょう。

ちなみに、緑色の龍は、安定と心が満たされることを暗示していることから、恋人や結婚するお相手が見つかるかもしれない、と言われています。

そう言えば、アニメ「日本昔ばなし」にも、緑色の龍に子供を載せて、雲の合間を飛んでいるシーンが、オープニングにあったような。

龍が空に現れる夢も大吉夢で、大きな願望が叶う前兆である、ということ。

宝くじ販売を始めて10年目に初めて1等の高額当選が出た、という方話にも、「前日に、目の前の空中を緑の蛇がクネクネと横切っていく夢を見ました。」

初夢も、1番が「鷹」、3番が「鷹」、3番が成すに通ずる「なす」。

ナスは、あなたの願望や心理状態を暗示しています。夢にご先祖様が出てきたり、虎が自宅に何度もやってきたりする夢を見た宝くじの購入のタイミングを教えてくれることもあるようです。

弁財天の化身と言われる蛇の他にも、牛、魚、蛙、豚なんかも金運に限らず、大きな幸運が舞い込んでくると言われていることがある、ということ。
と、ここまで書いていて、「じゃあ、蛇とか龍の夢を見るように、毎日この2つが描かれている絵や写真を見続けたらどうだろう?」と思いませんでした?

私は思いました。

はっきり言って、そんな邪心がある人のところには、「神のお告げ」は無いんだと思いますよ。

日頃の心がけというか、「せっかく宝くじを販売しているのだから、買ってくださるお客様に当選しますように」と日々祈りながら、仕事に精を出す。

例えば、スーパーのレジでパート勤めをしているのなら、お客様に笑顔で応対するだけでもいいですよね。

私が利用するスーパーには、いつもニコニコして感じの良い方がいらっしゃるのですが、なるべくその方のレジに並ぶようにしています。

「きっと、真剣にお客様のことを考えて働いているんだろうな」と思うと、見習いたくなります。

こういった姿勢を見習っていれば、そのうち幸運の神様も少しは気にしてくださるかもしれません。

そう思いながら、真面目に働くしか無いですね。