借金生活脱出日記

破産者でも海外のクレジットカードなら作れる?

NY-借金生活脱出日記
破産者でも海外のクレジットカードなら作れる、という話がありますが、実際はどうなるのでしょうか?銀行口座を作るだけでも、結構難しいみたいですよ。

破産者でも作れるクレジットカードの秘密」というタイトルのレポートを読みました。

これって、「胡散臭いな」と思いながらも、ついつい気になってしまうタイトルですよね。

特に自己破産された方には。

「多分あれかな?」と思っていたのですが、半分当たりで半分はずれというところ。

ブラックでも作れるとか、自己破産していても、債務整理しても、はたまた多重債務でもなどなど・・・さまざまな情報が飛び交っていますが・・・

いったい、その中のどれだけの情報が信頼できるものかわかりません。

多分、ほとんどは「怪しい情報」なのかな、とも思います。

ただ、今は読み手も賢くなって、よっぽどのことがないと騙されなくなっているので、あまりにも酷い内容というのは無くなった様な気がします。

この「破産者でも作れるクレジットカードの秘密」というのも、内容はまともなものでした。

 

スポンサーリンク

 

やはり、「海外の銀行でクレジットカードを作る」というもの。

外国の銀行口座を作りクレジットカードを所有するということですが、もともと日本で起こした金融事故なので、海外では問題がないだろう、という前提で作るんですね。

まあ、多分、海外で問題になることはないでしょう。

海外の銀行が、日本の個人信用情報機関を利用するとは思えませんから。

ただ、今や国際化の時代。

脱税の問題などで、海外の銀行口座にもGメンが目を光らせているそうなので、逆もありえるかもしれません。

とにかく、海外でクレジットカードを作るには、海外送金の手数料が高いのと日本ほど手軽に口座を開くというわけには行かないこと、また最初はデビットカード方式の銀行が多いので、クレジットカード取得までにはお金と時間がかかること。

NY-借金生活脱出日記

と、結構いろいろな壁を乗り越えていかないといけないんですね。

第一、その国に住んでいないと口座さえ開けないという国も少なくありません。

ブラックの人でも取得できる可能性は高いので、こういった情報も出まわるのでしょうが、利用できる人はごく一部の人なのかな?と思います。

それに「代行業者」を装った詐欺的な悪徳業者もあるので、注意が必要です。

海外の銀行に口座を持つ、というのは、一時流行りましたよね。

特に、日本での金利が低くなった時、「ある国では、利率が8%だからお金を預けると得ですよ」なんて、テレビで特集をしていたことも。

だけど、オチがあって、「いくら現金が増えても、外貨に替えることはできず、国内のみで使うことが条件です」ですって。

まあ、そんなものですよね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク
PREV:休日でも営業してる消費者金融は?
NEXT:10万円ならすぐにでも貸してくれる消費者金融
自己破産をしてもブラックリストに載らない方法はある?

自己破産をしてもブラックリストに載らない方法はある?

どうしてもお金が必要という方に耳寄りな情報?

どうしてもお金が必要という方に耳寄りな情報?

自己破産していても審査なしでお金を貸してくれるところ

自己破産していても審査なしでお金を貸してくれるところ

ブラックになるともう一生クレジットカードは作れないの?

ブラックになるともう一生クレジットカードは作れないの?

誰でも簡単にお金が借りられる方法って信じられる?

誰でも簡単にお金が借りられる方法って信じられる?

ブラックでもローンが組める独自(自社)ローンの仕組み

ブラックでもローンが組める独自(自社)ローンの仕組み