学歴や特技無しでも年収1000万円狙える仕事とは?

借金を抱えていると、収入についても「年収300万円だと生活していくのがやっと。せめて1,000万円以上狙わないと」なんて、夢のような生活を求めるようになります。

だって、多重債務になると、月々10万円以上の借金返済なんてざらで、そうなると、もう10万円くらいしか使えるお金が無いんです。

これだと、独り身ならまだなんとかなるでしょうが、家族4人とか居たら、とても暮らしていけません。

仕方なく、アルバイトを掛け持ちするわけですが、時給800円くらいでは、クタクタになるまで働いたとしてもそんなにもらえないのが辛いところ。

アルバイトを掛け持ちする-借金生活脱出日記

まあ、借金をした方が悪いんですけどね。

だけど、一口で年収1,000万円と言っても、すぐに達成できる金額ではないのは確かです。

たいていは、弁護士・医者・パイロット・芸能人など、選ばれし人々しかだめでしょ、と思います。

あっ、実業家とか。

最近、剛力彩芽さんとの恋愛で話題になっている、ZOZOTOWNの前澤友作社長は、年収35億円と言われていますから、並大抵の「金持ち」では無いですよね。

なんでも、100億の豪邸を建設中とか。

とにかく、小さい時から勉学に励むか、何か特殊な才能があるかでないと、とても無理と諦めてしまいます。

ならば、1,000万円はダメでも、せめて500万円以上あれば、なんとかゆとりのある生活ができるのに、と。

学歴も特別な才能も無くて、一気に収入を増やせる仕事ってなんだろう?と考えてみると、なんだか危ない仕事も浮かんで来たのですが、やっぱり「物を売る仕事」かな?

素人がすぐにお金を稼ぐとなると、ネットオークションが浮かびます。

少し前の話になりますが、ヤフオクとかeBayでは、年に億という金額を稼いでいる人たちも居たんですよ。

今でも多分居ると思いますが、メルカリなどの登場で、出品者も増えてきて、売り手市場では無くなってきた分、大きく稼ぐのは難しくなっているかもしれません。

ただ、今でも、お小遣い稼ぎとしては良いと思いますけどね。

あと、「物を売る」という考え方では、やはり営業職でしょうか?

スポンサーリンク

あの、お年寄りに安物を高く売りつける、なんていう悪徳商法では無いですよ。

しっかりとした商品を、いかにお客様に納得してもらって買っていただくか?ということを極めれば、不動産関係でも、いまだにすごい成績を上げている方は居るのです。

会社に入っていても、歩合制なら獲得した利益の何%かは自分の懐に入ってくるので、会社員でも1,000万円以上の年収をもらっている人もいる、ということです。

他には、自営業の分野になりますが、「便利屋」や「代行業」を始めること。

人の嫌がること、または「面倒だなー」と思うことを代わりにしてあげると、お金になるんですよ。

高齢化で、「自分でできなくなったので頼みたい」という仕事も増えてきたということなので、社会貢献にもつながりますよね。

自営業と言っても、自宅兼事務所のような形でできますし、ある程度必要な道具や知識さえ仕入れれば、そんなにお金をかけなくてもスタートすることは可能です。

そう言えば、一時テレビで話題になったある俳優さんが、今は便利屋でかなり儲けているという話を聞いたことがあります。

いろいろ考えれば出てくるものですね。

少しのアイデアとやる気と体力があれば、意外と年収1,000万円も夢ではないのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする