自己破産申請中の借り入れは?裏技はある?

自己破産申請中に取得できるクレジットカードってありますか?と聞かれましたが、あるのでしょうか?

調べてみたら、例によって「債務整理中に取得できるクレジットカードはこれだ!」というタイトルの記事を発見!

なんでも、「自己破産申請中でも大丈夫!」だとか。

だけど、いわゆる「ブラックでもOK」の怪しい消費者金融オンパレードでした。

債務整理中と言いますか、債務整理の手続きをお願いした時点で、クレジットカードやキャッシュカードはすべて没収されますよね。

没収されると言う言い方は穏やかではないですが、「使えなくなる」のは事実です。

だいたい、「これらのカードを使って、お金を借りてきましたが、返せなくなったので相談に応じてください」と債権者にお願いをするわけです。

だから、その話し合いの最中に、またクレジットカードなどを利用できるわけが無いのです。

そんなことは100も承知していると思うのだけど、「もしかしたら裏技があるのではないか」と思ってしまうんですよね。

ただ、「借金が支払えなくなった」という時点で、生活は破綻し、通常の社会生活は送れなくなっていることが多いです。

となると、債務整理中であろうが、「お金が必要」なことには変わりありません。

だから、「ブラックでもお金を貸してくれる所」とか「ブラックでも持てるクレジットカード」なんていう情報に群がってしまうのです。

とは言え、「債務整理中でもご相談ください」なんていう金融業者もあるのは事実。

まあ、バブルの時代なら、「金融業者」全般の羽振りが良かったので、もしかしたら「ブラックでも」貸してくれるところはあったのでしょう。

自己破産申請中でもお金を貸してくれる金融業者

 

 

今や、大手の消費者金融でも生き残りをかけて、熾烈な戦いをせざるを得ない状況です。

正規の金融業者では、借りられないと思うべきでしょう。 クレジットカードに関しても同じですね。

今のところ、債務整理中でも作れるカードはVISAデビットカードしかないと思います。 クレジットカードではないですけど、商品購入の際、一括払いの場合のみVISAカードとして利用できます。

 

スポンサーリンク

 

つまり、クレジットカードの代用カードとしても使えるということ。

だけど、勘違いしないでくださいね。

デビットカードであることは間違い無いのですから、クレジットカードとして利用できるのは、VISAカード取り扱いのお店で一括払いで商品を購入した場合だけです。

最近では、JCBやマスターカードが付いたデビットカードもよく見かけますね。

分割払いもできませんし、デビットカードでお金を借りることもできません。

そこさえ理解していれば、ブラックの方はもちろん、そうじゃなくても便利に使えるカードなのです。

クレジットカードが使えるお店って、一昔前は限られていましたが、今では、街の割合小さなスーパーマーケットでも、レジで使えるようになっています。

私がよく利用するスーパーも、決して大きいとは言えないのですが、レジを新しくしてからは、サインレスでカードが使えるようになりました。

なので、いつもデビットカードで支払っているのですが、ポイントが1万円買えば100円分付くし、このスーパーでのポイントも付くので、ダブルでお得なのです。

現金を持ち歩かなくても済む上に得する、となれば、使わない手はありませんね。


PAGE TOP