ブラックじゃなくなったのにお金が借りられない?

「お金を借りたいのに、もうどこも貸してくれない」という言葉が普通に聞かれるようになりました。

一方では、新車を買ったり旅行に行ったりしている世帯も当然あります。

新車-借金生活脱出日記

やはり二極化が進んでいるということですね。

ブラックでお金がないのに借りられないとなると、話はさらに悲惨になります。

中には、ブラックじゃなくなったのにお金が借りられないという方も。

ブラックではないということは、「個人信用情報」から「事故歴」が消えたということですよね。

何度かご説明していますが、ブラックというのは、「個人信用情報機関」の自分の信用履歴に事故歴が載ることです。

実際には「事故歴」という欄があるわけではなく、さまざまな信用取引履歴のひとつとして載るようですが。

通常、債務整理をしてブラックになっても、5年から10年経てば消えると言われています。

消えたかどうかを確認するには、この「信用情報」を開示することになります。

自分自身の情報であれば、身分証明を提示すればいつでも見ることは可能です。

有料にはなりますが、直接会社に出向いて行って開示してもらうか、郵送してもらうかという方法があります。

この質問者の方は、ご自分の履歴を開示されて、めでたく事故歴が消えているのを確認したのでしょう。

スポンサーリンク

で、「さあ、申し込むぞ」ということで、ローン契約かクレジットカード申請をされたのでしょうが、見事に玉砕したということ。

例え、事故歴が消えたとしても、審査はありますし、事故を起こす前よりはよりいっそう審査が厳しくなることが考えられます。

なぜかというと、「事故歴」だけが消えるのではなく、今までの取引履歴すべてが消えるのですから。

ものすごく不自然な履歴になってしまうんですよね。

だから「ブラックじゃなくなったのに借りられない」とかクレジットカードが作れないと嘆く方も多いのです。

とは言え、なかなか審査に受からないことに焦れて、片っ端から申し込みをしてしまうと、今度は申し込みブラックと認識されてしまう可能性も。

こうなると、また数ヶ月は審査すらしてもらえないようになってしまいますから要注意です。

事故歴が消えた後のクレジットカードの申し込みに関しては、「簡単には審査に通らない」と思ったほうがいいです。

ではどうすれば?ということなのですが、外資系クレジットカード携帯のローン契約など、過去の事故履歴をあまり重視しない、とされているところに申し込む、という方法もあります。

どういうことかと言うと、外資系のクレジットカード会社は、過去の信用履歴も参照しますが、それよりも現在の信用度をより重視すると言われているということ。

また、携帯電話会社でも、もちろんローン審査時には信用情報は見ますが、携帯料金の滞納が無いか?無茶な契約はしていないか?ということの方が重要なポイントになることが多い、ということなんです。

いずれにしても、申し込む時の属性次第と言うことになりますので、債務整理後の生活がそのまま反映するのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする