何もしなくてもお金が入ってくる方法なんてある?

投資に失敗して借金を抱える? お金を稼ぐ

ものすごく胡散臭いですよね。

だけど、「本当に、何もしなくてもツールが稼いでくれるんですよ。」なんていうメールが来ました。

「またまた、そんなバカなことがあるわけないでしょ」と、サクッと削除しようと思ったら、「FX自動売買ツールのことでした。

スポンサーリンク




うーん、投資自体には興味はあるけど、大事なお金をツールに預けるのはなんだかなー、という感じ。

なんでも、「ツールを動かしていただけで、10万円以上の利益が出ました。」ということなんですが、にわかには信じられません。

そもそも、FXも、流行りの時期に、ちょこっとかじっただけですから。

そう言えば、「外国為替やFXで儲けるためのポイント」という記事を読んだことがあります。

要約すると

“FXなどの外国為替で投資をしてみたいと言う人は大勢いるようです。

FXの経験がない人の場合、まずは為替の基本的な仕組みをよく知っておくことが大切です。

外国為替の相場の変動を見極め、時宜を得て売買することで、資産を増やすのがFXです。

世界中には、それぞれ違った通貨が流通していますが、為替レートは常に変動しています。

日本で行うFXの基本は、日本円と外国通貨との組み合わせでの売買です。

日本円を売って外貨を買い、その逆を行って利益を出すのですが、レバレッジを生かして取引をすることで、手持ちの資産を大きく増やせることが、FX取引の魅力です。

株式などには無い点でもありますね。

例えば、レバレッジを10倍にすることで、元手が100万円しかなくても、1,000万円分の通貨を取引できます。

レバレッジには、失敗した場合のリスクもあるので、ある程度慣れてきてから、慎重に挑戦したほうがいいでしょう。

店頭で取引をする方法と、取引所での取引をする方法がFXにはあります。

店頭取引とは投資家とFX業者が直接取引を行う方法で、取引手数料が安いメリットがあります。

FX業者は仲介役で、取引所から投資家が直接取引をするものが取引所取引です。

リアルタイムで相場を確認するためのツールや、売買取引時に発生する手数料、情報提供料でいえば店頭取引のほうが個人のFXではおすすめです。”

ということなので、ツールを使うのは、ある程度仕組みがわかってからじゃないと怖いですね。

実は、株は、バブルの頃に買っていて、結構儲けていたんですよ。

当時は、数十万円の株を買って、翌週には倍の値段になっていた、なんていうことも。

まあ、バブルが弾けてしまったら、それこそ水の泡と消えてしまいましたが。

投資に失敗して借金を抱える?

今、世間では新型コロナウイルス感染症の脅威に、手も足も出ない状態で、外出自粛のために、会社やお店がバタバタと潰れています。

政府が出した、現金30万円給付案が決定しそうですが、条件に合う人はなかなか居ないのではないでしょうか?

「店の売上が半減した」とか「派遣切りに遭って、仕事も住むところも無くなってしまった」という方にとっては、助かるのではないか?と思いますが。

そうなると、もう個人でお金を増やすしか方法はありません。

投資もひとつの手段ですが、まずは、手持ちの物を、メルカリやヤフオクで売ってお金に替える、のが手っ取り早いと思うんです。

思わぬお宝が見つかって、数百円で買ったものが、数万円になることだってありますから。

大事に取っておいたレコード盤を、泣く泣く手放したのですが、数枚で5万円になったこともあります。

「レコードなんて、今は聴かないでしょ」と思うでしょうが、レコード盤の音の良さが見直されていて、レコードプレーヤーも人気なんですって。

それに、二度と手に入らないレア盤ばかりですから。

こういった、マニア向けの商品は、値崩れもせず売買され、しかも、欲しい人にとっては、「よく出品してくれた」と喜ばれるんです。

マスクを転売するより、数倍、世の中のためになると思いませんか?

コメント