破産を考える時期はいつが良い?

「お金が借りられない」「多重債務までは行っていないと思ったけれど、もうどこからもお金が借りられなくなった」など、急にお金が借りられなくなって困っている方も急増しています。

なぜかというと、やはり消費者金融を主にターゲットとした総量規制以降、キャッシングの審査が厳しくなったことが背景となっているようです。

実際に、「今まで借りられていたお金が新規に借りられなくなって、もう返すだけの生活になっている」とか。
借金を繰り返していて、多重債務に近くなってくると、もう自転車操業というか「借りては返すの繰り返し」になっている方が多いです。

借金で自転車操業

つまり、こういうこと。
「50万円の枠で借りているA社の月々の支払いが20,000円」そして「30万円で新規に借りたB社の支払いが月々12,000円」だとします。
だけど、実際に借金返済用にお金を捻出できたのは20,000円のみだった場合。

まず、A社に20,000円返済します。
そうすると、15,000円くらい借りられる枠がまた増えるので、そこから借りてB社の返済に回す、ということ。

一見、両社ともに返済できているようですが、実は全く借金は減っていないんですよね。
それどころか、利息の分は増えているという。

冷静に考えるとわかることなのですが、「借金返済をなんとかしないと」ということしか考えなくなると、こんなことも平気でしてしまいます。
やはり「借金を借金で返すように」なったら、自己破産を含めた債務整理を考えなければならない時期だということです。

スポンサーリンク

悲しいことに、多重債務に陥っていると、「借金を返す」ということしか頭に無くなってきます。

A社に1万円返すと、2万円分の枠が増えるからまた借りられる」なんて平気で考えてしまうのですから。

つまり、A社に30万円借りていたとします。

今月分の返済金額1万円を返したら、今まで返した分と合わせて、2万数千円返したことになり、そのうち2万円分はまた「借入可能額」になるのです。

ただ、こんな借り方をしていたのでは、一歩進んで二歩下がるどころか、一歩も進めない状態ですよね。

泥沼生活の始まりということ。

もっと早く気がつけば良かったのですが・・・

今は、多分、厳しくなって、こういった借り方もできなくなっているでしょうから、多重債務者にとってはやりにくい時代です。

逆に考えれば、借りることができないので、債務整理をする判断がついて良かった、ということにもなりますね。

まあ、実際にはどうしてもお金が借りられない人たちは、闇金融に走っているケースが多いとも言われていますが、今はソフト闇金も多く、知らないうちに闇金融から借りてしまった、という方がこれからも増えるのかもしれません。

そんなことになる前に、多重債務で、もうお金が借りられないという状態になったら、債務整理を決断する時なのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする