ブラックリストは消せるって本当?

クレジットカードの事故歴は消せる?」なんて、犯罪の臭いがプンプンするような文章ですよね。

だけど、ブラックになってしまうと、5年から長ければ10年も経たないとクレジットカードが持てないしローンも組めないのです。

どうしても持ちたいとなったら、「この事故歴消せないだろうか?」と物騒なことを考えてしまうのも、あながちないとは言えないのです。

「事故歴」というのは、「個人信用情報」に載っている事故歴のことですね。

といっても、個人信用情報には事故歴だけが記載されているのではなく、その人のクレジットカードやローンなど信用取引をした履歴が掲載されているのです。

だから、何年何月に◯社のクレジットカードを取得して、利用した履歴や返済履歴に至るまで記されているということです。

その中には、実際に取得していなくてもクレジットカードの申請をしたという事実も載せられるということなので、短期間に数社申し込みをしたりしていると「申し込みブラック」として取り扱われる可能性があるわけです。

だから、「作れるかどうか心配」という時には、匿名でクレジットカードの審査が受けられるサイトなどを利用することをおすすめしています。

有名消費者金融などでも、「簡易申込みシュミレーション」ができるようになっているところもありますよね。

多重債務の時に試しに簡易審査を受けてみたら、「この内容だけでは判断しかねますので、正式に申し込んでみてください。」でした。

で、いわゆる「ブラックリスト」というのは、この利用履歴のところに「返済が滞ったこと」や「債務整理した事実」が記された人のことなんです。

特に「事故歴記入欄」なんていうものがあるのではなく、履歴の中に、当然含まれるということです。

ただ、この個人信用情報も永久保存されるわけではなく、事故歴についても、5年から10年経てば消されるのです。

消す-借金生活脱出日記

実際には事故歴のみが消えるのではなく、履歴が消えるということ。

だから、事故歴が消えれば晴れてもう一度クレジットカードの申し込みとかができるわけですが、履歴ごと消されるために、今まで一度もクレジットカードとかを持ったことがない人と同じことになります。

そこが問題なわけですね。

ある程度の年齢になっているのに、一度もクレジットカードを作ったことがないというだけで疑われますから。

スポンサーリンク

例えば40代の男性で、クレジットカードを持ったこともなければローンを組んで何かを購入したこともない人って、よっぽど現金にこだわっている人くらいで、「何かあるな?」と思われても仕方のないこと。

そんな方もいらっしゃるとは思いますが、ごくごく少数派。

なので、事故歴は消えても、その後のクレジットカード取得は困難になる、ということがお分かりになるかと思います。

やっぱり「過去は消せない」のですよ。

だけど、過去は消せなくても、「やり直す」ことはできます。

数年経って、一度真っ白になってしまった信用履歴にどんな色を塗っていくか?というのは、自分次第ということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする