メニュー

中小の消費者金融(街金)で闇金融を紹介されることがある?

最近「自己破産者でも融資してくれるところあるの?教えてよ」とかお友達感覚で聞かれることが多いです。

いや、礼儀をわきまえろとかそんなことを言っているのではなく、「私に聞かれても困ります」ということ。

まあ、そんなご質問にも、きちんと調べて答えるのが筋というものなのでしょうが・・・

こういったブログを書いているので、常にご訪問いただいている方に少しでもお役に立つように、と日々クレジットカードやローン、キャッシングについての情報は調べています。

だから、普通の人よりはほんのちょっと詳しいかな?

それに、自分自身が「正規の消費者金融」と思われる消費者金融に申し込みをして、結局「ヤミ金融」と思われるような会社を紹介された経験があるので、同じような目に遭わないようにして欲しい、という気持ちがあるんですよね。

そんな私でも騙されそうになるくらい、今の金融業界は複雑な構造になっているようです。

つまり、正規の消費者金融であるA社に申し込みをした場合。

ある人はそのまま通常の金利で借入ができ、延滞なく借金を返していれば、なんら問題なくスムーズに事が進む。

 

だけど、別の人が申し込んだら、折り返し電話がかかってきて「別のところを紹介するから」と言われ、金利がものすごく高く保証金も必要と言われた。

とこんな感じでしょうか?

これは、一部のケースで、他にもいろいろなパターンがあるみたいです。

もちろん、中小の消費者金融すべてがこうだと言うわけではなく、社員が勝手に「紹介屋」として小銭を稼いでいることも。

「正規の貸金業者」のフリをした偽業者かもしれませんし。

現に、老舗街金と呼ばれる金融業者で借りた人は「自己破産した直後なのに、親身になって相談に乗ってくれた」ということもあるようです。

結局、どこで線が引かれるか?というと、「返済能力があるかないか?」ということ。

当たり前なんですが、世に言う「属性」=「収入、勤務先、勤続年数、持ち家」などの条件が良ければ、ブラックでも問題なく借りられる場合が稀にある、ということなんですね。

 

スポンサーリンク

 

だけど、私も含めて、自己破産したりブラックになったりしている人が、世間から見ても申し分ないくらい属性が良いことってあまりないですよね。

属性というのは、年収や勤務先とか勤続年数、また自己所有の不動産があるかどうか?などです。

とすると、「ブラックでも自己破産された方でも融資OK」とうたっている金融業者からは、お金を借りる事は止めた方が良いということ。

さっきも書いた中小の消費者金融では、「他で断られた方や債務整理後でもご融資可能です」という文章をよく見かけますが、こちらも、さすがに債務整理中や直後ではアウトです。

それでも貸してくれるところは、要注意と思った方が良いでしょう。

債務整理をしたり、ましてや自己破産後というのは、本当に生活するのが厳しくて「ヤミ金融でもいいからお金を貸してもらえないだろうか?」とまで思いつめることもあるのは確かです。

ただ、そこをくぐり抜けてしまえば、結構なんとかなるものです。

「もうどうなってもいいかな?」なんて思ったら、一度深呼吸して、周りの状況を見直してみることですね。

意外と、とんでもないことを決心してしまうのって、期限を切られたり急かされたりする時なんですよ。

特に、連休前などは、「休みに入る前に手続きしてくれないと・・・」と言われることが多いので、相手のペースに乗らないようにしましょう。

お金がない時というのは、まさにそんな時なので、「1日ゆっくり考えてみる」という時間を作るだけでも違うと思うんです。