ヤマダ電機など家電量販店のクレジットカードは作りやすい?

家電量販店でクレジットカードは作りやすい」なんていう記事を見つけたのですが、どうなんでしょう?

少し前までは、量販店やスーパー、コンビニ、ガソリンスタンド系列のクレジットカードは比較的審査が甘くて作りやすいなんていう情報がありました。

家電量販店もその中に含まれます。

ヤマダ電機のクレジットカードは作りやすい?

信ぴょう性は確かではありませんが、経験者という立場から言わせてもらえば、「審査は通りやすい」と言えると思います。

ただ、最近はどうなのかな?

クレジットカードの審査は大分厳しくなっていますからね。

それでも、新装開店の家電店やスーパー、量販店などでは、今でも臨時のクレジットカード受付カウンターがあり、そこですぐに申し込めるようになっていますから、審査にも通りやすいような気がします。

昔は良かったなんていうと語弊がありますが、数年前までは、量販店や家電店のクレジットカードはほぼフリーパスといった感じでした。

もしかしたら申し込みの時点で、「この人は信用できそうか?」なんてチェックされていたのかもしれませんが、個人情報以外はほとんど書くところもなく、30万円のキャッシング付きクレジットカードが申し込めたこともあります。

勤務先に、しっかりと在職確認はありましたので、その点は厳しかったのかな?と思いますが。

ある時なんて、量販店で買い物をして、「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれたので出したら有効期限切れ。

「残念だけど仕方がない」と思っていたら、「クレジットカードに切り替えて貰えれば、そのまま使えますよ」という甘いささやきが。

ついフラフラっと作ってしまいましたが、名前と住所、電話番号と勤務先を書いたくらいだったかな?

スポンサーリンク

それで、1週間後に家に確認の電話がかかってきただけで、すぐにクレジットカードが送られてきました。

しかもキャッシング30万でショッピング限度額50万円くらいのカードが。

今では、いくらキャンペーン中だったとしても、開店直後だったとしても、そこまでの緩さはないと思います。

それでも、大手の信販会社や銀行のクレジットカードを作るよりは、作りやすいということはあるでしょう。

あとはやはり消費者金融のクレジットカードかな?

それも、今では大手銀行と提携しているところも多くなり、それに伴って審査も厳しくなっています。

銀行系カードローンの方が審査に通りやすい」なんていう話まであるくらいですから。

結局は、各クレジットカード会社によって、審査基準が少しづつ違うということ。

また、それぞれのサービスを利用する層を優遇するのでは?という点から考えると、同じくらいの年収や勤続年数でも、審査に受かるとは限らない、という理由もわかる気がします。

審査に通らないと、どうしても焦ってあちこち申し込んでしまいますが、信用情報に傷がつくので、それは止めた方が良いと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする