メニュー

「ブラックでもお金を貸します」を簡単に信じてはいけない理由

ブラックだけど、どこかお金を貸してくれるところはないでしょうか?」というご質問が増えてきています。

不況ですから、皆さんお金が必要なんですよね。

一昔前と違って、借金してまでギャンブルにのめり込み、挙句の果てにブラックになったのにも関わらずまだ借金をしようとしている、という方はほとんど居ないでしょう。

生活のためにお金が必要」なんだと思います。

そんな中「ブラックでもお金貸します」というサイトを見つけました。

多分よくある「ブラックでも融資可能」という広告をずらっと並べただけのサイトなんだろう、と思っていましたが・・・

違いました。

何でも、個人間のお金の貸し借りをするのだとか。

こういった掲示板が、最近は結構あるようです。

登録をしないと、中身は見られないのでなんとも言えませんが。

個人間の融資制度ということ自体未知のものですから、なかなか難しいのではないかと思いますね。

それでも、ブラックでもお金貸します、なんて大々的に広告を出している金融機関よりかは良いのかもしれません。

まあ、サイトの信頼性に関しては、見ていないので何も書けませんが、需要があるからこそのサイトなのかな、とは思います。

それにしても、金融業者ですらブラックにはお金を貸したくないはずなのに、どうして個人の人が貸そうと思うのかが疑問です。

それほど「ブラックでもお金を借りたい」という方が増えている、ということでしょう。

 

スポンサーリンク

 

国が貸してくれれば良いのですが、そして、そのための機関があるにはあるのですが、なかなか使いづらいですからね。

以前の国民金融公庫みたいなものかな。

それでも「絶対に騙されたくない」と思うのでしたら、やはり各都道府県の自治体にある社会福祉協議会の生活福祉資金の貸付を選んだ方が良いとは思います。

一昔前は、「ブラック」であると言うことは、ものすごく特殊なことでしたが、今はそうではないということなんですよね。

そんな世の中になってきているのは、間違いないです。

だからと言って、「増えてきているんだから救済措置もあるのでは?」と思うのは虫が良すぎます。

やはり、自分で撒いた種なのですから、自分で何とかすべきなんですよね。

言ってみれば「債務整理」そのものが唯一の救済措置なんです。

「自己破産は、一生に一度だけ許される借金から解放されるための手段」だと言われていますから。

2度3度と経験されている強者もいらっしゃいますが、それほど特別なことだということ。

まあ、本当にお金に困っている人に手を差し伸べてくれる人は居ない、というのが問題なのですが、それも含めて自己責任なんだと思います。

追記:「個人間融資」について「サイトの信頼性についてはわからない」と書きましたが、やはり怪しいところが多いようですね。

ひととき融資」という名前まで生まれるくらい、「お金を貸す代わりに」と交換条件を出し、女性を騙したり、高齢者の年金証書をふんだくったりしていた、ということ。

そういったことを要求することは、安易に考えられますが、引っかかった人も、他ではお金が借りられないから仕方なく条件を飲んだ、というところでしょう。

犯罪の温床になるようなサイトは、厳しく取り締まってもらいたいですね。