メニュー

クレジットカードのリボ払いは危険なの?

クレジットカードのリボ払いは危険?」という記事を読みました。

確かに、クレジットカードでリボ払いを選択すると、月々の支払金額が一定で、しかも数千円から設定できるので、負担にならない気がします。

考えてみたら、私は、ほぼリボ払いで分割していたかもしれません。

まあ、「だから、ローン地獄に陥った」なんて言うと、責任転嫁なだけで、自分が悪いんですけどね。

とは言え、私と同じように「お得」というだけでリボ払いを選択している人が居たら、一度総支払い金額を見直したほうがいいですよ。

分割払いが悪いということではなく、一度の買い物で、例えば合計金額が10万円になったとしましょう。

その金額を10回で分割払いすれば、単純に月1万円プラス利息分の金額となります。

利息も、年利という考え方がわかりにくい点もあるのですが、「一度分割払いで何かを買った場合、完済してからでないと、分割払いは使わない」と決めていれば、そう難しい計算もしなくて済みます。

しかも、管理もしやすいです。

私のように、お金の管理が下手だと自覚している場合は、下手にリボ払いに手を出さない方が良いでしょう。

なのに、

○期間限定で、リボ払いで買い物をするとポイント10倍

○月々の返済額が変わらないのに、新たに買い物ができてしまうんです

○リボ払いなら、毎月の返済額が少なくて済むので、余裕を持って支払いができます

なんていうアピールポイントを見ると、ついつい利用してしまうんですよね。

特に、「新たに買い物をしたのに、月々の返済額が変わらない」という点。

さっきの「10万円の買い物」をリボ払いで返済中なのに、3万円のバッグが欲しくなったら。

普通なら、月々の返済額が増えるので諦めるのですが、リボ払いだと、月々5,000円に設定してあれば、そのまま増えないんですよ。

なんだか、ものすごく得をしているような気分になってしまうのは、私だけではないはず。

結局、月々の支払額が変わらない分、借金の支払期間が延長されるわけですから、「払っても払っても元金が減らない」ということになるのです。

 

スポンサーリンク

 

ちょっと考えればわかることなのですが、「欲しいものが今すぐ手に入って、しかも月々の支払額は同じ」という魔法のようなフレーズに酔ってしまうのかもしれません。

ならどうすれば良いか?

「分不相応の物は持たない」と言ってしまえばそれまでなのですが、若い内だからこそ似合うものもあるでしょうし、「今買わないと手に入らない」ものもあるでしょう。

とりあえずは、「本当に欲しいものか?」を自問自答して、「どうしても欲しい」となったら、たとえ月々の支払額が増えたとしても、そのバッグはなるべく支払い回数の少ない分割払いにするのです。

そうすれば、自分自身も痛みを感じますから、「今度から無駄遣いは止めよう」と思うかもしれないし、逆に「なるべく早く完済するために、一生懸命働いて余裕が出たら、前倒しで支払うようにしよう」と思うかもしれません。

「今のままの生活で、欲しいものを手に入れたい」と願うから、無理が生まれるんですよね。

自戒を込めて、そう思います。