メニュー

ローンが通らない人のための自社ローンは信用できる?

ローンや分割払いの現場でも、今は非常事態とも言えるような現象が起きているようです。

ある中古車店の店長さんの話ですが、「最近は審査に通らないお客さんが増えて困っている」ということ。

多重債務やブラックじゃなくても「ローンを組みたいけど、審査に落ちてしまった」という方が増えているようです。

ローンやクレジットカードの審査も、総量規制以降厳しくなっているところが多いということで、「ローン難民」も増えていると言えるでしょう。

「多重債務までは行かないけれど、数社からお金を借りている」とか「収入が不安定だったり、低収入である」という場合や、専業主婦の方や自営業の方などが、以前にも増して借りにくい状況になっていることは確かです。

特に借金の返済が滞っていたり、債務整理をして「金融ブラック」になっている人は、ローン自体組めませんから、比較的高価なものを購入する場合に困ってしまいますね。

通常は、信販会社を通してローンを組むので、クレジットカードの審査とほぼ同じような審査が行われるわけで、ブラックの方だと当然通らないですよね。

それが、自社ローンだと、ある程度の融通が利くわけです。

ただ、「ブラックでも利用できるかどうか」というのは各会社によって違いますし、「誰でもローンが組める」と言うわけでもないでしょう。

また、「ブラックでも大丈夫」とうたって、法外な利息でローンを組ませるなんていうところもあるようですので、注意が必要になります。

一般的に、独自ローンは全般的に一般の信販会社で組むローンよりは、金利が高めになることがほとんどだと思いますが、法外に高いというのは要注意ですね。

独自ローンを組む時には、ローンの仕組みについてや利息、借り入れ期間、規約などについて、詳細に確認することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

高い金利でローンを組んでしまって、また借金を返せなくなってしまった、なんていうことになったら今度はどうしようもないですから。

前出の中古車店でも「独自ローンを始めようか」悩まれていたようですが、それだと、途中でローンの返済が滞ってしまうと損をするだけだということです。

だから、自社ローンを取り扱っているお店も、「損を覚悟でお客様のために取り扱っている」場合と「法外な金利を設定してそこで利益を得られるだけ得よう」という両極端に分かれるのかもしれません。

中には、闇金融とつながっているところもあるようなので、見極めが肝心ということですね。

「ブラックでもローンで車が買える」と喜びいさんでお店に行って、ろくに説明も聞かないで契約してしまうと、後悔することになると思いますよ。

契約時は慎重にというのは、何にでも言えることですが、「ブラックである」からこそ、足元を見られないように、十分に注意すべきです。

契約内容に、少しでも疑問な点があれば、その都度納得するまで質問する、という態度が必要になるでしょう。

追記:最近は、自社ローンを取り扱っている中古車店が、中古車のリースサービスに乗り出しているところが増えています。

確かに、自社ローンだと、ローンの支払を終えてからでないと、車の所有権が自分の物にならないので、実質借りているようなものです。

それならば、カーリースした方が、自動車税や車検費用なども含まれた価格であることがほとんどなので、一度に大きなお金が必要になることはありません。(タイヤ交換や任意保険料などは除く)

例えば、自社ローンでの営業期間も長い「イタコ自販」では、1日500円で借りられる、ワンコインリースを取り扱っていて、人気があるようです。

「車は必要だけど、車種にはこだわらず、1台で長く乗り続けるつもりは無い」なんていう方にとっては、カーリースの方が良いかもしれないですね。