宝くじに税金はかかる?借金返済のために宝くじを買うのは?

年末ジャンボ宝くじの季節ですが、大金を手にすると(したことは無いけど)気になるのが税金のこと。

宝くじに高額当選したら、税金はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、個人で宝くじに当選した場合は、それが少額であっても高額であっても税金は一切かからないんです。

宝くじというのは、当選金付証票法という法律に当てはまるのですが、当選した金品は、所得税がかからないということになっているのです。

免税ということではなく、最初から当選金には課税されないように決まっているなんて、とても嬉しいですよね。(当たったこと無いけど。すみません二度目でした。)

たとえ2億当選した人でも、税金が一切かからないので、2億円すべてを手にすることができるんですよ。

宝くじで高額当選したら税金はかかる?

まあ、実際に当たったら、怖くて現金すべてを引き出すことはせずに、銀行預金として預けると思うのですが。

ちなみに、サッカーのTOTOの場合なども同じで、税金はかからないのです。

ただ、税金がかからないとは言え、家や車など高額の買い物を一遍にしてしまうと、税務署が連絡をしてくるケースがあるそうです。

そりゃあそうですよね。

普通に暮らしていた人が、いきなり高額商品を書い始めたら、脱税か?と疑われても仕方がないでしょう。

その場合には、宝くじで当選したことを示す当選証明書を見せないと、宝くじで手に入れたお金とは認めてくれません。

当選証明書は、銀行で当選金を受け取った際に申し出をすれば発行できますので、忘れずにお願いすることが大切です。

だけど、懸賞で100万円が当たったり、クイズで100万円が当たった場合とどうなの?と思いますよね。

残念ながらその場合は、税金がかかってきます。

100万円から、その収入を得るのにかかったお金を引いて、50万円の特別控除額を差し引いたお金が一時所得金となり、課税対象になるのです。

※宝くじ高額当選しても税金はかかりませんが、妻に1億、子供に5,000万円というように、家族に分配したら贈与税がかかってしまいます。

スポンサーリンク

ところで、私達のようにローン地獄におちいって多重債務になった人にとって、宝くじは借金返済の夢を叶えてくれる身近なものと言えるでしょう。

宝くじにさえ当たれば、多重債務に苦しむこともなく、今ある借金返済をすべて返して、余ったお金でささやかな贅沢ができる。

そんな風に考えている人は多いと思います。

実際に借金を抱えてどうしようもなくなった人が、一縷の望みをかけて購入した宝くじで高額当選をし、借金を綺麗に完済したという話はよく聞きます。

かなり前に起きた事件ですが、2億円の宝くじが当たった女性が交際していた男性に殺害されたというニュースがありました。

この男性は、借金を抱えていて、女性が当たった宝くじを横取りしようとしたのだそうです。

怖い話ですが、借金が高額になればなるほど、お金に目がくらみ、先のことが見えなくなってしまいます。

この男性も、交際相手が2億円もの大金を宝くじで当ててしまったことで、お金しか見えなくなってしまったのでしょう。

痛ましい事件ですが、「借金を抱えていると、お金のことしか考えなくなる」というのは、誰しも陥ること。

「宝くじに高額当選したら借金が完済できる!」と夢を見るのは悪いことではないのですが、それだけにとらわれていると、ろくなことにはなりません。

借金返済は、日々の労働でコツコツと返すと決め、その上で、密かな楽しみとして宝くじを購入するなら、もしかしたら、幸運の女神も微笑むかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする