メニュー

キャッシング審査に在職確認無しで通過する方法はある?

キャッシングの申し込みはスマホひとつで、簡単にできるようになりました。

使い過ぎさえ気をつければ、「今すぐにお金が必要」という時に借りられるのは、とても助かりますね。

「だけど、職場に在籍確認の電話がかかってくるのは困るなぁ」という方も多いでしょう。

基本的に、大手消費者金融に申し込むと、在籍確認があります。

在籍確認というのは、申込者本人がきちんと申込書に記載された会社に勤めているのかを確認するために、勤務先へ電話をすることなのですが・・・

実は、申込者の現在及び今後の収入見込みを判断する材料ともなっているのです。

金融のベテラン社員になると、会社の電話に出た人の対応の仕方で、この会社の規模や将来性までわかるとか。

まあ、そこまでわからなくても、実際に電話してみることで、見えてくることもありますよね。

だけど、申込者にしてみたら、この在籍確認の電話はできればしないでもらいたいと思う人がほとんどでしょう。

たいていの場合は、金融業者であることを告げずに個人名で電話をかけて来るので、在籍確認電話が原因で勤務先へ借金がバレるという事はまず無いと思います。

それでも、営業職など外部から電話がかかってくることが多い職種に比べて、技術職や事務職など、外部とあまり接点がない方は、名指しで電話がかかってくるだけで不審がられるかもしれません。

「それもあるけど、そもそも個人的な取引であるキャッシングのために、仕事場に電話をされることが嫌なんです」という人も居るかもしれません。

そういう人にとっては、モビットなど勤務先への在籍確認が無く(条件付き)、書面のみで在籍確認が完了するキャッシングを選択する事も1つの方法になるでしょう。

あるいは、キャッシング申込時に、消費者金融にあらかじめ「職場への電話による在籍確認はNG」という事を伝えておくという方法もあります。

受け入れられるかどうかは、各消費者金融の規約で決められていますので、聞いてみてダメだったら、他のところで借りるしか無いのですが。

逆に、「在籍確認の電話が来ることは問題無かったのですが、なぜか電話がつながらなかったと言われ、びっくりしました。」という方もいらっしゃいます。

この方の会社は、個人情報保護の観点から電話での個人的な呼び出しに応じてもらえなかったんですね。

ちなみに、この方のように、単純に電話をつないでもらえなかったという理由のほか、在籍確認で審査に通らないケースがあるのも事実です。

 

スポンサーリンク

 

下記のような理由で在籍確認ができずに、キャッシングの審査に落ちることもあるそうです。

○電話が通じない、あるいは誰も出ないケース
電話番号が間違っていたり(申込者個人に確認の連絡が来ることが多い)、誰も出なかった場合

3回くらいはかけてくれることが多い

○在籍していない、または辞職したと言われるケース
この場合は、もちろん審査には通りません

○該当する氏名の従業員がいないと言われるケース
大きな会社では、ポジション違いや内線違いで、働いているのにこう言われることもあります。

間違いが疑われる場合は、事前に担当者に伝えておいた方が良いでしょう。

特に、パートやアルバイト、派遣社員の場合は、電話を受けた人が名前を把握していないことが考えられるので、自分がいつも働いている場所の電話か、派遣社員の場合は、派遣元の会社の電話番号も伝えておいた方が良いかもしれません。

ただ、在籍確認電話無しで契約できるに越したことは無いですから、先程も書いたモビットやプロミスなど、社員証や給与明細などで在籍確認の代わりとする消費者金融を選ぶ、というのが一番手っ取り早いと思いますよ。

今のところは、「在籍確認できない理由がある時のみ」などの条件付きで代替措置が適応されることが多いので、とにかく、申込み時に確認してみる、ということが大切です。