メニュー

カードローンとキャッシングではどちらが借りやすい?

カードローンという金融商品は、比較的最近になって、頻繁に聞かれるようになった気がします。

よく見る広告では「クレジットカード審査に落ちた方でもカードローン審査に受かる可能性があります。」というもの。

審査が甘いというよりも、審査の方法が違うということなんですね。

総量規制以降、主に消費者金融からの借り入れは、世帯収入の1/3までと決まっているので、あまりまとまった金額を借り入れることができなくなりました。

銀行系なら、総量規制外ですから、制限なく借りられる、ということなんでしょう。

銀行系カードローンの登場で、「銀行からお金を借りる」という敷居も低くなったような気もします。

とは言え、多重債務になったりブラックに近い状態になったりすると、「借り方はどれでもいいから、とにかく貸してくれるところ」と思ってしまうでしょう。

で、「カードローンとキャッシングではどちらのほうが借りやすいか?」ということについて考えてみましょう。

もともとカードローンとキャッシングの違いって?と思ったら、意外とあいまいなことに気が付きます。

私は、クレジットカードでお金を借りる時に、「一括払い」で返済する場合はキャッシング。

分割で支払う場合はカードローンという風に覚えていました。

だけど、キャッシングというのは、何もクレジットカード会社だけのものではなく、消費者金融からお金を借りるのもキャッシングだし、キャッシングのみの金融業者だってありますよね。

調べてみたら、現在は、その違いはあまりはっきりとしていないようです。

消費者金融のキャッシングについても、昔は借りたお金を直接自分の口座に振り込んでもらい、カードがあっても返済専用のような位置づけだったと思います。

それが、今や、消費者金融のカードにもVISAやmasterが付いて、クレジットカードとしても利用できます。

銀行と提携している大手消費者金融が多くなったことから考えても、特に珍しくは無いのですが、昔と比較すると、まったく異なるカードという感じで。

 

スポンサーリンク

 

返済についても、月々いくらの分割払いが主流ですから、そうなると、もうカードローンとの区別は付きません。

ただ、やはり信販会社のクレジットカードの方が、審査が厳しいとされていますから、どちらの方が借りやすいか?ということになれば、キャッシングなのかな?とも思います。

気をつけなければならないのは、今でも「キャッシング=一括払い」という返済方式になっているクレジットカードも多いので、間違って借りてしまうと、来月一括で引き落とされてしまうということ。

利息のことを考えれば、一括で返した方が断然有利ですが、「月々数千円づつの引き落とし」というつもりで借りたのに、いきなり全額引かれてしまって驚かないように、しっかりと確認しておきましょう。

カード会社によっては、利用後に分割払いやリボルビング払いに変更できることもあるので、ホームページなどで規約を確かめた方が良いですよ。

ただし、月々の引き落とし金額が少なくなればなるほど利息がかかる、ということを頭に入れて置くべきです。

総額がいったいいくらになるのか?がわかった上で分割にするのなら良いのですが、分割にしたがために高い買い物になってしまった、なんていうことになりますから。

また、ATMに差し込む方向が違うだけで、カードローンのつもりがキャッシングになってしまうこともありますから、要注意ですね。