ブラックの人がクレジットカード審査に通る裏技はある?

ブラックの人がクレジットカード審査に通る裏技とは、怪しい匂いがぷんぷんしてきますね。

それでも、ネットを探すと、その手の情報がたくさん出てきます。

「うっそー!」とか思いながらも、もしかしたら少しくらい使える情報があるかも、なんて思ってしまったり。

ブラックの人にお金を貸してはいけない」という法律はないということから考えても、「何か抜け道はないのか?」と思う気持ちもわかります。

そうなんです。法律で禁止されているわけでは無いのです。

だからって、それが裏技に通じるかと言えば、そんなことはないのですが・・・

クレジットカードの審査は何のためにあるのか?ということを考えればわかりますよね。

考える若い女性

「この人はお金を貸しても返してくれるのか?」ということを、詳しく調査して大丈夫かどうか見極めるためです。

クレジットカードの場合は、「お金を借りる」という認識が薄いですが、先に商品をもらってあとで支払うのですから、クレジットカード会社に立て替えてもらう=お金を借りる、ということなんです。

ほとんどの方が、頭では理解できていても、「お金を借りている」という意識はあまりないと思います。

私もそうでした。

「今、◯◯カードを作っていただければ、ポイントが10倍になりますよ」なんていう甘い言葉に惹かれて、結構何枚も持っていたりしましたから。

逆に、しつこいくらいに「カード作りませんか?」と言われ、根負けして作ることさえあったんです。

行きつけのスーパーで、いつも「○○カード持ってますか?」と聞かれるのが苦痛で、「しつこく勧誘されると作りたくなくなるのようね」なんて言いながらも、ついに作ってしまった、という過去も。

それに、一昔前のクレジットカードは、ほとんど審査なんて無いんじゃないかと思うほど緩いところも多かったような気もします。

その頃から「個人信用情報機関」はあったでしょうから照会はしたのでしょうが、よっぽど問題が無い限りOKだったような。

もちろん、定期収入が無いと難しかったでしょうけど。

今思うと、好景気でしたから少しぐらい取りはぐれがあっても、他で穴埋めができたんでしょうね。

そう考えると、今はどこのクレジットカード会社でも、審査は厳しくなっていると思われます。

となると、ブラックの人がクレジットカード審査に通る確率は、限りなくゼロに近いということになるでしょう。

スポンサーリンク

裏技と言っても、個人信用情報の内容を操作しない限り、無理でしょうね。

そんなことはできないことですし、できたら犯罪になってしまいます。

ここは、ブラックでもクレジットカードが持てる裏技を探すよりも、VISAデビットカードでなんとか間に合わせるしかないでしょう。

いや、間に合わせるなんて言えないくらい、VISAデビットカードは使えますよ。

ただし、繰り返し言っていますが、クレジットカードではないので、分割払いやボーナス払い、後払いなどはできないです。

例えば、一生懸命数十万貯めたお金を自分の銀行口座に入れたとして。

その金額の範囲内でなら、分割払いができるようにしてくれれば良いのですが、今はそれも無理なんですよね。

まあ、ブラックになってもVISAの付いたカードが使えるだけでも、ありがたいと思わなければいけないのですが。
※VISAを例に書きましたが、現在では、JCBやマスターカードも使えるようになり、発行している銀行も増えています。
なんだか、市民権を得たようで嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする