無職でもお金を貸してくれるところはある?

2月も残り少なくなってきました。

花粉症の時期でもあるのでゆううつなのですが、気が早いとGWの計画を立て始める方もいらっしゃるのでは?

「でも、どこにも行くあてがないなー。つまらない」と思っている方、

世の中には「明日の生活どうしよう?」と悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。

無職でもお金を貸してくれるところ知りませんか?」とか「仕事をしていなくてもローンが組める金融業者はありますか?」という質問をよくいただきます。

無職の方が増えている事実が、これだけでもわかるというもの。

何しろ、ヨーロッパでは4人に1人が失業者だと言われるほどの失業率だそうです。

確かに、日本でも失業率も増えていますし若者が職にあぶれる時代ですから、ある程度の年齢になればなおさらでしょう。

若い人はアルバイトなどで、フリーターとしてなんとか働けたとしても、中年以降になれば、アルバイトの口もあまりないですから。

私の知り合いは、50代で失業しましたが、地方ということもあり、ハローワークに行ってもほとんど仕事らしい仕事がなかったそうです。

あったとしても、時給750円とか。

お子様が二人いらっしゃいましたから、とてもそんな金額では暮らしていけないですよね。

それでも、まだあるだけましというような状況です。

ハローワークで「その金額では暮らしていけません」と言ったら、シルバー人材を紹介されたとか。

シルバー人材の方がまだ時給が高いというんです。皮肉なことに。

トラクター-借金生活脱出日記

その方は、結局農業で起業されて、今ではなんとか軌道に載せられたようです。

ただ、当時はまだ起業する人に割と積極的にお金を貸してくれましたが、今はそうじゃないですからね。

結局お金を借りられるのは、あまりお金に困っていないだろう大企業のサラリーマンや公務員の方など。

低所得者は、総量規制以降、お金を借りることもままならなくなりました。

スポンサーリンク

ましてや、無職の人がお金を借りようと思ったら至難の業でしょうね。

もしかしたら、ブラックの人よりもむずかしいかもしれません。

それでも、担保となる不動産を持っている場合には、不動産担保ローンなどは組める可能性はあります。

無職だと保証人が必要になるとは思いますが、不動産に十分価値があると判断されれば、借りられるのではないでしょうか?

誰も好んで無職になるわけではないのに、また無職だからこそお金が必要なのに、と思いますが、現実は厳しいと言わざるをえないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする