メニュー

デポジット型ライフカードはブラックでも作れる?

ブラックでもVISAカード作れますか?」という質問に対しては、「作れます。ただし、VISAデビットカードです。(楽天ではJCBカード、他の銀行ではマスターカードも作れます。)

とお答えしています。

何だ、と思われた方、もしブラックなのに持っていないとしたら損しますよ。

ローンブラックと言いますか、通常「ブラック」と呼ばれる方たち。

私も含めて、もうどこからもお金が借りられないし、ローンも組めなくなってしまうと、本当に現金のみの生活になります。

最初は「それでも仕方が無い」と思うのですが、そのうちに、とてつもなく不便なことに気が付くのです。

不便だけではなく、損をすることも。

どんな時かというと、「銀行口座からお金をおろす時」に手数料がかかりますよね。

ある程度の金額を銀行口座に預けていれば、「ATM無料取引回数」も多くなるのですが、お金がないのですから、口座にも必要最低限のお金しか預けられません。

当然、無料になる回数も少なくなるというわけ。

一回に付き200円かかったとして、こまめにおろしていると、1ヵ月にすると結構な金額になりますよね。

それが、VISAカードで支払えるところで買い物をすれば、手数料はかかりませんから。

一括支払いならば、クレジットカードとして使えます。

 

スポンサーリンク

 

そして、楽天VISA(JCB)デビットカードなら、ささやかながら、利用するごとにポイントも付くのです。

このポイント付与に関しては、JCBの方がお得です。

100円の買い物に対して1ポイント付きますから、1万円だと100ポイント=100円と、他のクレジットカードと比べて少し少ないくらいです。

また、ネットでのお買い物だと、クレジットカード払いしかできないこともありますので、便利です。

ブラックには持てないはずのクレジットカードが持てるというだけでも、充分ありがたいですよね。

銀行口座に多めにお金を預けておけば、分割払いもできるようになると、もっとありがたいのですが無理でしょう。

と、デビットカードをおすすめしていたのですが、ここに来て「デポジット型ライフカードはブラックでも作れますか?」という質問が。

ライフカードに関しては、審査が柔軟という噂も聞きますが、アイフルの完全子会社になってからは、アイフルの審査に準拠するので、厳しくなっているのでは?という印象を受けます。

だから、審査に落ち続ける人も居るんですよね。

そこで、登場したのが、デポジット型のライフカード。

要するに、保証金として10万円以上預ければ、その金額の範囲内で、カードを使って買い物ができるということ。

機能としても、最初にお金をデポジットしておく以外は、他のクレジットカードとほぼ同じです。

年会費が5,000円かかるのですが、念願のクレジットカードが持てると思えば、そんなに痛くない出費です。

問題は「ブラックでも審査に通るのか?」ですが

○任意整理返済している最中で、CICに事故情報が記載中

○3年前に自己破産の免責を受け、個人情報にもまだ載っている状態

○過去にローン延滞したことがあり、今も支払いが遅れ気味

というケースでも、審査に受かっているということ。

とは言え、デビットカードとは違い、「誰でもOK」というわけではないので、審査に落ちる人は当然居ます。

○自己破産で免責を受けた中に、ライフカードも入っていた

○債務整理した債権者の中にアイフルが入っていた

○自己破産して間もない(半年あるいは1年未満など)

の場合は、審査に落ちる確率が高いのだそうです。

とは言え、「ブラックでも審査に受かるかもしれないクレジットカード」と言うだけで、テンションは上がりますよね。