車担保融資(車乗ったまま融資)の落とし穴とは?

すぐにお金を作ろうと思ったら、手っ取り早いのが自分の持っている物を売ること。

だけど、金目のものはすべて手放してしまったし、だいたい生活するお金にもこと欠くくらいなのに、そうそうお金になるものも無いのです。

私も多重債務だった時はそうでした。

唯一お金になりそうな車を手放そうかと思いましたが、仕事に使っているものだからそうも行かず。

そんな時に車に乗ったままお金を貸してくれるところがあるらしい」と聞いたのですが・・・

車乗ったまま融資」という融資方法は、車を所有している方はすでにご存知ではないでしょうか?

車乗ったまま

ローンやクレジットを組み過ぎて多重債務気味になり、もうどこからも借りられなくなった方にとって気になるのが「車担保融資」かもしれません。

ある程度の価値のある車に乗っていらっしゃる場合は、結構たくさん貸してくれるかもしれませんよね。

2種類あって、「車を預けてお金を借りる方法」と「車に乗ったままでお金を借りる方法」の後者が多いことから車乗ったまま融資とも言われています。

スポンサーリンク

ただし車を預けた場合には「預かり料」がかかりますし、車に乗ったままの場合は「利用料」がかかるというシステムになっていますので、いずれにしても利息以外のお金を取られるのです。

預かってもらている間はもちろん車は利用できないのに、駐車料並の金額を支払ったり、自分の車に乗っているのに、利用料を支払わなくてはならないというのは、なんだか理不尽な気がします。

しかも、借りたお金を返せない場合は、担保となっている車は失ってしまうわけです。

「車を取られても仕方がない」くらいの覚悟で借りるか、「絶対に借金の返済が出来る」という自信がある場合のみ、利用された方が良いかと思います。

いずれにしても、高金利のところが多いですし(金利が低い場合は手数料が高い)、中には悪徳業者と言われるところも参入していますので、「どこからも借りられない場合の、最後の手段」と考えた方が良さそうですね。

もし、どうしてもお金が足りなくて「車しか価値のある物は残っていない」ということであれば、思い切って中古車店に持ち込んだ方が良いと思いますよ。

車は失ってしまいますが、それ相当の金額で買取ってくれますし、高価な車を手放して、この際リーズナブルな車に買い換えるということもできますから。

また、車が無くても何とか生活できるのであれば、維持費もかかることですから、この際手放してして車の無い生活を送る、というのもひとつの手段ですね。

とにかく、「車を失わずにお金が借りられる」と単純に考えない方が良いということ。

少なくとも「車が無ければ生活できない」という地域に住んでいる場合は、「家を担保にお金を借りているのと一緒」ととらえた方が良いでしょう。

いずれにしても、「車に乗ったままで融資を受けられるのなら便利」とばかりに、気軽に利用するものでは無い、というのが正直なところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする