メニュー

デビットカードが使えない場所がある?バンドルカードは?

仕事柄、高速道路をよく利用するのですが、デビットカードは使えないんですね。

最初は「VISA」が付いているから使えるだろうと思っていたのですが、ダメでした。

ETCカードが使えれば良いのですが、ブラックではETC付きのクレジットカードは持てず、土日割引の恩恵にもあずかれません。

そう言えば、ガソリンスタンドも、最初は使えるところが多かったのですが、今は使えないところがほとんどで。

 

 

一時、「ガソリンスタンドでデビットカードを使うと、即日決済にはならず後日引き落としになるので、口座に現金が入っていない時でも使えますよ。」なんて裏ワザのように広まったことがあります。

決済システムの関係上、即時決済ができなかったことに原因があったんですね。

私も、ガソリンスタンドでデビットカードを使った時、すぐに引き落とされず、忘れた頃に引き落としがあって、残高不足で引き落としできないなんていうことがありました。

故意にでは無かったのですが、中には後日引き落としを悪用して、引き落としできないケースが多発したために、今では、デビットカード自体使えなくなった、ということなのでしょう。

それと同じシステムなので、高速料金も使えないということになります。

そう言えば、インターネットのプロバイダー料金も、デビットカードが出始めの頃には使えていたのですが、そのうち使えなくなり、同時に月額課金の引き落としには使えなくなってしまいました。

これも、残高不足になるケースが増えてしまったからでしょうか?

そう考えると、私も含めて、デビットカード利用者が、クレジットカードの時と同じように、月々の支払額や後日引き落としになる料金を把握し、残高不足の無いように心がけていれば、このような措置はされなかったかもしれないですね。

まあ、クレジットカードの場合は補填される金額があるけど、デビットカードの場合は、残高不足になるとカードを発行している銀行に直接迷惑がかかるので、仕方のない対応とも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

今のところ、デビットカードが利用できないところは、

◯ガソリンスタンドや高速料金、車内販売など

◯保険の支払い

◯電子マネーへのチャージ

◯一部の通販サイト

◯インターネットプロバイダ料金

などとなっています。

と言っても、「VISA,JCB」加盟店であれば、ほとんどのお店で使えることには間違いは無いのですが・・・

中には使えないところもある、ということは認識していた方が良いでしょう。

一時は、「デビットカード利用者の属性が悪いことが考えられるため、高級店での利用は断られるケースが高い」という噂もありましたが、どうなんでしょうか?

今では、あまりそういう話も聞かないということは、もしかしたら噂の範疇だったのかも。

それとも、私も含めて、デビットカード愛用者は、あまり高級店には行かないので断られることもない、というのが本当のところかもしれませんね。

追記:最近話題のプリペイドカード「バンドルカード」ですが、「ポチッとチャージ」を利用すれば、2万円までは、念願の後払いができるんです。

これって、かなり嬉しいですよね。

前借りシステムなので、翌月末までに手数料800円(1万円までは500円)を30合わせて支払わなければいけないのですが、今まで後払いできるデビットカードが無かったため、画期的なことに違いありません。

で、このバンドルカードなら、デビットカードが使えないガソリンスタンドや高速道路で使えるかどうか調べてみました。

結論から言うと、利用できる範囲は、ほぼデビットカードと同じなので使えないんです。

ただ、ガソリンスタンドや宿泊施設に関しては、「リアル+」という上位版カード(手数料600円)を作れば、利用できるということ。

「リアル+」は、発行時に本人確認書類の提出が必要になりますが、一回のチャージ限度額10万円、月間チャージ上限額200万円と大幅に上がるため(通常は12万円)、旅行の時には便利ですね。

正直、ブラックになると旅行はしないのですが、冠婚葬祭などでどうしても行かなければいけなくなることがあります。

そんな時、とりあえずガソリン代と宿泊代だけでも後払いにできたら、なんとか行って帰ってこられますから。

まあ、翌月末には一括払いしなきゃいけないので、それまでに必死でお金を稼ぐか、節約するしか無いんですけど。