ブラックでも融資OKな金融業者を探し回ってはいけない理由

JUGEMテーマ:借金返済
 
 
債務整理するとやたらと目につく消費者金融の広告
 
 
債務整理を決心した時に「もう借金はこりごり。一生ローンが組めなくても生活できるようにしよう」と心に誓ったものです。
それが、少し経つと見事に打ち破られ、「ブラックでも借りられる金融業者」「自己破産していても融資OKな消費者金融」などの広告が目につくようになってきます。
それを見透かすかのように「他社で断られた方や破産してブラックの方でもご相談ください」という葉書が、債務整理の最中や直後にはかなりの数が届けられます。
特に自己破産の方、覚悟しておいたほうがいいですよ。
まあ、結構しつこい業者もありますが、たいていは、放っておけばそのうち来なくなります。
とは言え、「ブラックでも融資OK」なんて書いてあると、ついつい見てしまうわけです。
弁護士から「ブラックでも貸しますというDMを送ってくるような金融業者とは、絶対に関わらないように」と釘をさされるんですけどね。
 
債務整理前後は苦しい生活が続く
 
債務整理中や直後というのは、借金返済は無くなったものの生活は本当に苦しいままのことが多いです。
今まで借金返済を優先してきたがための「滞納分」が溜まりにたまっているわけですから。
 
 
税金、公共料金、家賃などなど・・・
あっ、それと債務整理費用もプラスされます。
特に大きいのが、国民健康保険料でしょうか。
確定申告の時期などは、本当に「こんな貧乏人からこんなにたくさんの税金を取るのか?」と思ってしまいます。
話が脱線してしまいましたが・・・
多重債務で、もうどうしようもなくなって債務整理を決心した時には「もう一生どこからも借金はしない」と誓ったものです。
だけど、生活費が足りなかったり、必要最低限の生活を営むことさえできなかったら、「少しでもいいからお金を貸してくれないだろうか」と思ってしまいます。
で、「ブラックでもお貸しします」というDMや電話に心動かされたり、ネットでも調べたりしてしまうのです。
DM葉書も、「ブラックの方でも」という言葉がなければ、一見普通の消費者金融のような感じなんですよね。
金利もそう高くないですし。
スポンサードリンク
google_ad_client = “ca-pub-4582189198108525”;
google_ad_slot = “2752820818”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
 
闇金融の誘いには絶対に乗らないで!
だから、ついふらふらっと電話をかけてみたくなるのもわかります。
一呼吸おいて冷静になって考えてみると、債務整理中や直後を狙ってDMを送りつけている、ということはまさしく「ブラック」をターゲットにしているということ。
金利や貸付条件を一見良さそうにしていても、やっぱり裏はあるのでしょうね。
やっぱり「うちでは貸せないけど、ここなら貸してくれる」と言って怪しい業者を紹介するパターンが多いのかもしれません。
まあ、こんな時は普通の精神状態ではないので、「貸してくれるならどこでもいい」と思ってしまうのですが・・・
それがヤミ金業者の狙いですから、くれぐれも軽はずみな行動はしないように注意したいものです。
お金を借りるよりもお金を作る方に、早くシフトチェンジしたいですよね。
ブラックでもすぐにお金を作る方法はある?

ブラックでも融資OKな金融業者を探し回ってはいけない理由

JUGEMテーマ:借金返済
 
 
債務整理するとやたらと目につく消費者金融の広告
 
 
債務整理を決心した時に「もう借金はこりごり。一生ローンが組めなくても生活できるようにしよう」と心に誓ったものです。
それが、少し経つと見事に打ち破られ、「ブラックでも借りられる金融業者」「自己破産していても融資OKな消費者金融」などの広告が目につくようになってきます。
それを見透かすかのように「他社で断られた方や破産してブラックの方でもご相談ください」という葉書が、債務整理の最中や直後にはかなりの数が届けられます。
特に自己破産の方、覚悟しておいたほうがいいですよ。
まあ、結構しつこい業者もありますが、たいていは、放っておけばそのうち来なくなります。
とは言え、「ブラックでも融資OK」なんて書いてあると、ついつい見てしまうわけです。
弁護士から「ブラックでも貸しますというDMを送ってくるような金融業者とは、絶対に関わらないように」と釘をさされるんですけどね。
 
債務整理前後は苦しい生活が続く
 
債務整理中や直後というのは、借金返済は無くなったものの生活は本当に苦しいままのことが多いです。
今まで借金返済を優先してきたがための「滞納分」が溜まりにたまっているわけですから。
 
 
税金、公共料金、家賃などなど・・・
あっ、それと債務整理費用もプラスされます。
特に大きいのが、国民健康保険料でしょうか。
確定申告の時期などは、本当に「こんな貧乏人からこんなにたくさんの税金を取るのか?」と思ってしまいます。
話が脱線してしまいましたが・・・
多重債務で、もうどうしようもなくなって債務整理を決心した時には「もう一生どこからも借金はしない」と誓ったものです。
だけど、生活費が足りなかったり、必要最低限の生活を営むことさえできなかったら、「少しでもいいからお金を貸してくれないだろうか」と思ってしまいます。
で、「ブラックでもお貸しします」というDMや電話に心動かされたり、ネットでも調べたりしてしまうのです。
DM葉書も、「ブラックの方でも」という言葉がなければ、一見普通の消費者金融のような感じなんですよね。
金利もそう高くないですし。
スポンサードリンク
google_ad_client = “ca-pub-4582189198108525”;
google_ad_slot = “2752820818”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
 
闇金融の誘いには絶対に乗らないで!
だから、ついふらふらっと電話をかけてみたくなるのもわかります。
一呼吸おいて冷静になって考えてみると、債務整理中や直後を狙ってDMを送りつけている、ということはまさしく「ブラック」をターゲットにしているということ。
金利や貸付条件を一見良さそうにしていても、やっぱり裏はあるのでしょうね。
やっぱり「うちでは貸せないけど、ここなら貸してくれる」と言って怪しい業者を紹介するパターンが多いのかもしれません。
まあ、こんな時は普通の精神状態ではないので、「貸してくれるならどこでもいい」と思ってしまうのですが・・・
それがヤミ金業者の狙いですから、くれぐれも軽はずみな行動はしないように注意したいものです。
お金を借りるよりもお金を作る方に、早くシフトチェンジしたいですよね。
ブラックでもすぐにお金を作る方法はある?