闇金融にもいろいろな形が。「ブラックでも」に騙されないためには?

ヤクザから更生したサラリーマン
「ブラックでも」という言葉に乗せられて、ついつい闇金融から借りてしまわないように。闇金融の手口についての情報を仕入れておきましょう。

闇金融を営業と言っても、いろいろな形があるのをご存知ですか?

数年前のニュースでは、同僚とその友達限定でお金を貸していたのが、いつの間にか知り合いのまた知り合いという感じで広まってしまい、金利もどんどん上がってしまった、というケースがありました。

本人に「闇金融を経営している」という自覚が無いままに広まってしまったなんて、なんとも怖い話です。

いつかは、暴力団などの資金源にされてしまうことも考えられますよね。

ヤクザから更生したサラリーマン

こういった形でどんどん利用者が広がっていくと、立派な闇金融ということになるということ。

それとは別に、昔からの手口で堂々と(?)営んでいるところもあります。

よく「ブラックでも100%ご融資します」なんていう広告を出している金融業者の中には、住所もでたらめで、電話番号も携帯なんていう金融業者も。

名前を有名消費者金融に似せたりしているので、「なんとなく信用できそう」という気持ちにさせるという手口であったり、表向きは正規の消費者金融の振りをして、裏では「紹介屋」として闇金融を顧客に紹介するところもあるのです。

最近では、TwitterやLINEなどのSNSを巧みに使った巧妙な手口もあるそうで、「仲間だと思っていたら、お金を借りませんか?」といきなり言われた、なんていうこともあるみたいです。

ネットって、個人情報が漏れることもあり、特にSNSでは仲間同士だと思って気を許している部分もあるので、注意しないといけないですね。

 



このブログでも「ブラックでも借りられる金融業者」についての話題は書いていますが、やはり、闇金融かもしれないという認識は持っているべきだと思います。

特に、ちゃんとした金融業者だけど、話をきちんと聞いてくれて親身になってくれた、なんていう場合は、心を許してしまいます。

すべてが、悪徳とは言いませんが、最近のソフト闇金というのは、表向きは普通の消費者金融で、親身になって対応してくれるところが多いと聞いています。

多重債務に陥って、もう二進も三進も行かない状態だと、話を聞いてもらえるだけでも嬉しいですから、つい警戒心を解いてしまうんですよね。

貸金業登録番号を確認して、ブラックかどうか確かめるという方法もありますが、番号そのものを偽造している業者もあるそうです。

ただ、騙された人による情報交換が行われている場所もあったりするので、金融業者の評判を検索してみる、ということもある意味有効かもしれません。

「ブラックでも借りられる」という金融業者に借り入れをしなければならなくなった、という時点で、かなり切羽詰った状態だと思いますが、申し込みをする前に、よく考えることをおすすめします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク
PREV:ローン一本化で気をつけることとは?
NEXT:すぐにお金を手に入れる方法はある?
個人信用情報に事故情報が載っている人でも組めるローンとは?

個人信用情報に事故情報が載っている人でも組めるローンとは?

ブラックでも借りられる金融業者は?

ブラックでも借りられる金融業者は?

借金の取り立てって今でもあるの?

借金の取り立てって今でもあるの?

個人間融資のサイトで本当にお金が借りられる?

個人間融資のサイトで本当にお金が借りられる?

審査不要のクレジットカードについてまとめ

審査不要のクレジットカードについてまとめ

ブラックでも作れるクレジットカードとローンの情報に騙されないで

ブラックでも作れるクレジットカードとローンの情報に騙されないで