自己破産したらクレジットカードはどうなるの?破棄される?

買い物をする-借金生活脱出日記
自己破産したらクレジットカードはどうなるの?破棄される?ということですが、使えなくなるのですから、弁護士や司法書士の方に預けることになります。

自己破産するとどうなってしまうのか?

最悪の事態を想像してしまうのですが、意外と具体的なケースが明らかにされていません。

最近は、不況と重なってかなり大きな会社でも破産するというニュースが後を絶たない中、個人で自己破産を選択する人の数も急増しているようです。

自己破産すると持っていたクレジットカードはどうなるのでしょうか?

クレジットカードは現金を引き出すことができ、買い物をすることもできる便利な物。

買い物をする-借金生活脱出日記

だけど、便利なのをいいことに使い過ぎると、返済が不可能になってきます。

クレジットカードで引き出したお金やカードを利用して組んだローンは、カード会社から一時的に借りているお金なんです。

支払いが完全に終わるまでは、買った商品はカード会社の所有物ということ。

購入物も未払い金についても、カード会社から受けた融資を返済中という状態になっています。

ですから、返済を怠るということは、実際にはクレジットカード会社から借りたお金を返さないのと同じことになるのです。

 

スポンサーリンク

 

ここのところを理解していないと、後で泣きをみることになります。

ただ、クレジットカードを利用するほとんどの方が「借金をしている」という感覚は無いですよね。

まあ、借金をしていると考えれば、自己破産をした場合クレジットカードが使えなくなるのは当たり前ということになりますけど。

破棄される?というか、債務整理を頼んだ時点で、持っているクレジットカードやキャッシュカードの類は、弁護士さんなどに預けることになります。

自己破産以外の任意整理などでは、整理する債権者を選べるので、すべて破棄されるわけではないのですが、破産の場合は、お金を借りていたところ全部です。

多重債務になって、あちこちからお金を借りて、「もうどこからいくら借りているのかもわからなくなった」なんていう場合、並べたカード類を見て、「こんなにあったのか」と愕然とするんですよね。

クレジットカード会社にもよりますが、自己破産後5年から10年は新たな融資は受けられないと思った方が良いでしょう。

この数字は、個人の収入や信用情報によっても違ってきますので、5年で大丈夫な人も居れば、10年以上経っても、クレジットカードを取得できない、という方もいらっしゃいます。

ケースバイケース、と言うことなのでしょう。

破産しないように日々の金銭管理を行うのはもちろんなのですが、いろいろな理由で自己破産せざるを得ない状況になってしまったら、1から信用の回復に努めるしかないということです。

自己破産するともう一生クレジットカードは持てないの?と思っていた私にとっては、安心材料ではあるのですが、この10年というのがとてつもなく長く感じるんですよね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク
PREV:自社ローンって本当に信用できるの?ガリバーは自社ローンできる?
NEXT:審査の甘いキャッシングという甘い罠にご用心
自己破産してもNHK受信料は支払わなきゃいけない?

自己破産してもNHK受信料は支払わなきゃいけない?

自己破産したら官報に載るの?差し押さえは?

自己破産したら官報に載るの?差し押さえは?

自己破産前に限度額いっぱいまで買い物をする?

自己破産前に限度額いっぱいまで買い物をする?

自己破産するのはごく普通の人が多い?

自己破産するのはごく普通の人が多い?

自己破産しか方法が無い?他にも借金を整理する方法はある

自己破産しか方法が無い?他にも借金を整理する方法はある

債務整理後の喪明けはいつから数えて何年?

債務整理後の喪明けはいつから数えて何年?