クレカ審査に落ち続けている人でも受かる方法は?月の土地でお金は借りられる?

公務員-借金生活脱出日記
クレジットカードの審査に落ち続けている人が受かる秘策とは?

いきなりですが、クレジットカード審査の話題にも出てくる「属性」という言葉を知っていますか?

クレジットカードやローンの審査にことごとく落ちる、なんていう方は「属性が悪い」と言われています。

この属性という言葉、一般的にはあまり知られていないですよね。

それが、「属性が悪くても、どこかお金を貸してくれることろ知りませんか?」と数人の方に聞かれたのです。

きっと、なかなかクレジットカードやローンの審査に受からなくて、いろいろとネットで調べた方でしょう。

通常、クレジットカードやローンの審査にことごとく落ちてしまう方というのは、属性が悪い方と言われています。

この属性って一体何なのでしょう?

まあ、だいたいの察しはつくかと思うのですが。

お金を貸す時に、相手がどれだけ信頼できるか?

つまり「この人、本当にお金返せるの?」という時に、何を問題にするか?ということですよね。

まずは収入。

月々入ってくるお金が少なくてはお話にもなりません。

ただ、この収入ですが、やはり「毎月きちんと決まった金額が入ってくる予定がある」というのも重要視されるわけです。

だから、極端な話が、年収400万の公務員と年収500万の自営業者なら、多分、ほとんどの金融業者では、公務員の方が有利だと思います。

公務員-借金生活脱出日記

 

自営業にもいろいろあるので、お店を長年経営されている方とかはまた違うのでしょうが、たいていは、一流企業に勤めているとか、公務員であるとかの方が優遇されるでしょう。

と、こんな感じで、年収の他には勤務先や勤続年数、持ち家かどうか、既婚者か独身か、などなどのさまざまなチェック項目のことを属性と言っています。

属性が悪いとなると、収入や勤続年数が少ないということが真っ先に考えられます。

他には、今までのクレジットカードやローンの取引履歴とか。

滞納したことがなんどかあれば、しっかりと履歴が残りますから。

あとは、次々にあちこちの金融業者に申し込みを重ねると、申し込みブラックになるなどですね。

スポンサーリンク

 

で、やっと本題なのですが、こういった属性の悪い人でもお金が借りられるとすれば、やはり不動産担保ローンとかになると思います。

または、属性の良い保証人が立てられる場合などですね。

結局は、自分の信用が得られなければ、他で補うしか無いのです。

今お金はないけれど、持っている土地には資産価値があるという場合は、審査に受かる確率も高くなるでしょう。

大きい声では言えませんが、担保となる土地や家の資産価値が高ければ、ブラックであってもお金を貸してもらえることもあるそうです。

ただ、最終的にお金が返せないと、唯一ある財産も取られてしまうわけですから、慎重にした方が良いのは言うまでもありません。

ここで突然今朝のニュースに話が飛ぶのですが、結婚した福原愛さんが、旦那様のためにサプライズ購入したのが月の土地だそうです。

しかも、旦那様の隣の土地も自分用に購入したとか。

ロマンチックですよね。

憧れてしまいます。

ただ、この月の土地でお金は借りられないでしょう。

そもそも、目的が違いますから。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク
PREV:ワーキングプアなら知っておくべき明日までにお金が必要な時の5つの法則
NEXT:ブラックリストに載るともう融資は受けられない?
2018年審査の通りやすいクレジットカードは?

2018年審査の通りやすいクレジットカードは?

審査の甘いクレジットカードって結局どうなの?

審査の甘いクレジットカードって結局どうなの?

クレジットカード審査に落ちる人にはある共通した特徴がある?

クレジットカード審査に落ちる人にはある共通した特徴がある?

キャンペーン中で審査の甘いクレジットカード知りませんか?

キャンペーン中で審査の甘いクレジットカード知りませんか?

確実にローンの審査に通る方法はある?

確実にローンの審査に通る方法はある?

ブラックでも◯◯のクレジットカードは作れますか?

ブラックでも◯◯のクレジットカードは作れますか?