借金生活脱出日記

債務整理後の喪明けはいつから数えて何年?

喪明け後にスマホの契約をする
喪明けというのは、債務整理後数年経って、個人信用情報から事故情報が消えた状態になった時のことです。 いつから数えるのは?と言えば、自己破産では「免責...

喪明けというのは、債務整理後数年経って、個人信用情報から事故情報が消えた状態になった時のことです。

いつから数えるのは?と言えば、自己破産では「免責がおりた後」からということになります。

とは言え、誰かが年数を数えてくれているわけでもなく、クレジットカード会社やローン会社によっては対応が違う場合もあるので、正確には、喪明けがいつからか?なんてはっきりはわからないですけどね。

たいていは、現在3ヶ所ある個人信用情報機関で自分の情報を開示してみて、信用情報が真っ白になっていたら、「ホワイト」と言って、「これでクレジットカードやローンの申し込みができる」と思うわけです。

ただ、この中でもKSC(全国銀行信用情報センター)は、自己破産で約10年と長いのと、債務整理後に銀行系クレジットカードなどに申し込む人は少ないために、開示しない人も多いです。

まあ、その辺は個人の判断で、信用情報の開示さえしないという人も結構いらっしゃいますから、数年経ったらというアバウトな考え方で捉えることもできます。

これから債務整理を考えている人にとってみれば、すべてが未知の世界ですから、もしかしたら喪明けというのも誰かが教えてくれるの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

反対に、個人信用情報に事故情報が載せられる時には、ご丁寧に金融業者からハガキでお知らせが来ることはあります。

金融事故情報がはがきで送られてくる

で、こんなにふんわりした喪明けですが、その後クレジットカードやローンの審査に通っている割合はどれくらいなんでしょう?

残念ながら、統計を取っている人は居ないようなのでわからないのですが、2chなどでは実際にクレジットカードの審査に受かった、という情報は飛び交っています。

 

スポンサーリンク

 

例えば、喪明け後数ヶ月でカーローンの審査に受かった人が居たり。

しかも新車でディーラーでローンを組んだとか。

よっぽど年収や勤務先などの属性が良かったのでしょう。

中には、債務整理後5年経ったから、もういいだろうと自己判断で20社のクレジットカード会社に申し込み、見事全滅だった人も。

これは、完全にアウトですね。

多分、申し込みをした金融業者にブラックだったことがバレるだけではなく、申し込みブラックと認識され、その後数年は審査に受からない可能性もあります。

どんなに喪明けしたことが嬉しくても(しかも自分で決めているだけ)、すぐに数社の申し込みをする、というのは墓穴をほっているようなもの。

やはり今まで以上に作戦を練る必要があるのです。

一般的に有効だと言われているのが、携帯電話やスマホの契約をローンですること。

審査には比較的通りやすいと言われているので、うまく通れば、そこで遅れること無く支払いを続け、信用履歴を作るのです。

ローマは1日にして成らず、なんですよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク
PREV:ギャンブルで400万円の借金を作り全財産無くした男性はどうなる?
NEXT:ブラックリストは存在しない?
自己破産してもNHK受信料は支払わなきゃいけない?

自己破産してもNHK受信料は支払わなきゃいけない?

自己破産したら官報に載るの?差し押さえは?

自己破産したら官報に載るの?差し押さえは?

自己破産前に限度額いっぱいまで買い物をする?

自己破産前に限度額いっぱいまで買い物をする?

自己破産するのはごく普通の人が多い?

自己破産するのはごく普通の人が多い?

自己破産したらクレジットカードはどうなるの?破棄される?

自己破産したらクレジットカードはどうなるの?破棄される?

自己破産しか方法が無い?他にも借金を整理する方法はある

自己破産しか方法が無い?他にも借金を整理する方法はある