借金生活脱出日記

オートローンを賢く選ぶコツ。自社ローンは?

オートローン-借金生活脱出日記
オートローンにもいろいろな種類があり、最近では残価設定型オートローンにも人気が集まっています。ブラックなどでオートローンが組めない場合は、自社ローンという方法もあります。

車を購入する場合、新車・中古車に関わらず、オートローンを使用するのが一般的ですね。

一括で支払えればいいけど、そこまでの大金を一度に支払える方はなかなか居ないでしょう。

どうせオートローンを組むのなら、賢く選びたいですね。

まず、オートローンは大別して2つあります。

オートクレジットという信販会社や自動車ディーラーが扱うタイプと、マイカーローンという銀行やJAが扱うタイプ。

まあ、審査に通らない人が利用する「自社ローン」も入れると、3パターンと言うべきでしょうか?

オートクレジットのメリットは手続きが簡単で審査も短時間であることです。

ただし、オートクレジットは返済が終わるまで車は信販会社やディーラーのものであるというのがデメリットで、金利も高めに設定されていることが多いです。

オートローン

逆に、 マイカーローンのメリットは一般的にオートクレジットより金利が低い点です。

それと、免許取得費用や車検費用等もローンの対象となるのは大きいですね。

息子が免許を取得した時も、マイカーローンでローンが組めたので助かりました。

あとは車の所有最初から持ち主のものということもメリットとなり、一見こちらの方がメリットが大きいような気がします。

でも、審査が遅いこと、手続きが煩雑なことというデメリットもあるので、一概には言えないのです。

申し込みに必要な書類は、どちらのオートローンでも大体同じ。

身分証明に必要な免許証、自動車購入の証明が可能な書類、住民票、収入を確認できる源泉徴収票や収入証明書などです。

 

スポンサーリンク

 

最近は、メーカー系のクレジットと会社から、残価高設定型リースの派生タイプである残価設定型オートローンというのもあるので、選ぶ範囲も広がってきました。

残価設定型というのは、一時盛んにCMなどで放送されていた、「半分払って半分リース」のような形です。

購入時に価格の一部を据え置いてローンを組みますが、据え置いた額については、ローン分の返済が終わった時点で下取りするか完済して自分のものにするか選べます。

新車や人気車でも、最初は負担が少なくて済むので、すぐに手に入る感覚が良いですね。

このように、いろいろなオートローンがありますが、自分のライフスタイルや収入の形態に合わせて、くれぐれも無理のない形のローンを選びたいものです。

あっ、「自社ローン」に関しては、何度か書いていますが、中には悪徳と思われるような業者も存在します。

金利ゼロでも車体価格が相場よりも恐ろしく高かったり。

ひどいところになると、廃車寸前のボロ車を、結構な価格で売りつけるなんていうケースもあるようですから。

こちらはさらに注意が必要になりますね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク
PREV:クレジットカードも使い方を間違えると誰でもローン地獄に?
NEXT:闇金融のような違法業者にひっかからないためには?
ブラックでも組めるローンは提携ローン?自社ローン?

ブラックでも組めるローンは提携ローン?自社ローン?

ブラックでもオートローン以外で車を買う方法

ブラックでもオートローン以外で車を買う方法

ブラックでも独自(自社)ローンなら車を分割払いで買える

ブラックでも独自(自社)ローンなら車を分割払いで買える

徳島で自社ローンで車が買えるところは?

徳島で自社ローンで車が買えるところは?

お金が無くて車検費用が払えない時にも自社ローンは使える?

お金が無くて車検費用が払えない時にも自社ローンは使える?

ブラックでも分割で車を購入できる裏ワザ?

ブラックでも分割で車を購入できる裏ワザ?